そんな私が開運生活をした結果、

運にいいこと、ちょっとずつ♬日常で使える開運ネタをシェアします♡

一白水星っぽい音楽「トリップホップ」

f:id:prime__number:20171019090454j:image

今年も残りあと数ヵ月になりましたが、

風水や気学では、立春を年変わりとするため、来年の節分までは今年と同じ運気が続きます。

そんな今年の九星は「一白水星」

繊細で幽玄美的、沈み込むような浮遊感といった一白水星のイメージにぴったりな

空間系の曲について語る、今回は完全に趣味回です!笑

 

今日はネタバレ回♡

このブログでは毎月「今月の運活月報」で「ラッキーサウンド」をご紹介しておりますが、

これをどうやって選んでいるかと申しますと、

「着信音」は陰陽五行説に基づいて、

「作業用BGM」はそれに九星と星座の星並びを加えて選んでいます。

 

陰陽五行説は東洋医学などとリンクしているため、対応する音や感情が

ちゃんと根拠づいていますが、そのぶん選択肢が限定的になります。

 

例えば「秋」は「金」属性ですが、「金の音」はベルや鐘などの金属音で

「金の感情」は悲しみと敬意、「金の臓器」は肺を表します。

これが、「秋は物悲しくなりやすいが、金属楽器の音が悲しみを和らげ、肺を癒す」

というふうな繋がり方をします。

なので、金気が最も強くなる9月に「オルゴールの着信音」をお奨めさせていただきました。

(なんで金属楽器が悲しさに効くのかは私も知りませんすいませんw)

 

対して、九星や星座はもっとニュアンス的に対応します。

例えば「二黒土星」「集落・畑」や「母親」の象徴ですが、

そこから転じて「家庭・母性・地元・安定感・育成・料理・庶民・努力」というように、

かなり幅広く意味が取れます。

言い換えれば「世の中のすべての物が9種類の九星に分類できる」ということです。

(だから、風水なんかでも「PCは木属性だから東に置くと吉」みたいに、風水の時代に存在しなかった物にも対応できるんですね~

 

ですので、「音楽」や「香水」のように、複合的な要素で雰囲気を作り出しているものは

九星や星座並びを見て決めているのですが、そこで今年の九星「一白水星」です。

一白水星のニュアンスに本当にぴったりだと思うのが、triphopという音楽だと思うのです!

 

「トリップホップ」という世界

「トリップホップ」と調べると、大抵「御三家」と呼ばれる3アーティストに辿り着きます。

というより実質、その3アーティストを指して「トリップホップ」と呼ぶことが多く、

「ジャンル名」として使われる事はほとんどありません。笑

 

1990年代末頃、UKのブリストルから発祥したので「ブリストルサウンド」とも呼ばれます。

ヒップホップの派生ジャンルのようですが、実際はエレクトロニカの一種で、

この「トリップホップ」という名称は、当時のメディアが名付けたものなんですが

本人たちがこの呼称を嫌っていたため、ジャンルとして流行りませんでした。笑

(影響を受けたフォロワーたちが、自らトリップホップを名乗ることはありました)

 

そしてその「御三家」というのが、

マッシヴ・アタック、トリッキー、ポーティスヘッド

の3アーティストなのです。

 

当時は不評だったとはいえ「trip」と表現されるのも納得の異世界感。

暗くて、甘くて、優しくて、脆い。そしてそんな世界へ沈み込むような感じが、

ものすご―――く一白水星っぽいんです!!

今年という年のニュアンスの説明がてら、ぜひ聴いてみてほしいです

 

マッシヴ・アタック(Massive Attack)

トリップホップの最も先駆者といわれているアーティスト。

実際、triphopの呼び名を代表するだけあって、ヒップホップ色が強めです。

この時代のUKらしさというか、ちょっとRadioheadっぽくもあるんですよね♬

↓これとか超特徴的で

 

あとこれ、去年リリースされた曲なんですが

20年以上この空気感なんですよ!

全体的にテクノ寄りで、理性的な印象なんですよね~♡

 

トリッキー(Tricky)

「トリップホップ」の代名詞ともいえる存在。

というか「エレクトロニカ」の歴史を作ったといっても過言ではないはず。

「Tricky」って「かっこいい」的な意味のスラングらしいんですが

本当に知的に作り込まれたような魅力があります。「持っていかれる」世界観!

最初聴いたとき泣きそうでした。

 

これとか本当にやばい

わかると思うんですが、中毒性がめちゃくちゃ高いんですよ。

おしゃれで聴きやすいからこそ、さらにヤバイのです。

 

ポーティスヘッド(Portishead)

唯一無二の異世界系バンド。

ずば抜けて重いです。音じゃなく、空間が重い、というか深い。

私も17年ほど、この沼から抜けられていません。笑

恐ろしいのは、1994年から今まで、わずか3枚のアルバムしかリリースしてなくて、

その3枚が、誰にも越えられない名盤として、今なお愛され続けているところ。

 

特に多くの人をトリップさせた名曲がこちら、

 

基本的にレトロっぽさが魅力なんですが、ゴアトランスの要素も入ってて

 

あとこれ、これはこれは絶対聴いてください、もう永遠に好き。

すいません私が1st崇拝なので、ちょっと紹介偏ってますw

 

Portisheadのアルバムは3枚ですが、ボーカルのベスは1枚だけソロを出しています。

それがまた名盤で、オールドムービーのようなレトロな曲調に

ベスの病んでそうな声が乗るのがやばいんです!

もうこれなんか心底大好きです

portisheadは特に異質なので、多ジャンルにファンがいる印象です。

日本だと確か、Blankey Jet Cityの浅井健一も影響を受けたとか。

 

他にもよく言われる人

「トリップホップ」の話になると、「ビョーク含むか問題」が高確率で出ます。笑

そのくらい、Bjorkは彼ら「御三家」と近しい存在です。

彼女の主演映画「ダンサーインザダーク」の世界観なんかトリップ感全開ですしね

 

あと、トリップホップをジャンルとして受け継いだ人も多いですが、

「正統後継者」と言われている人に「Morcheeba(モーチーバ)」がいます。

こちらも同時期のUK発。全体的に色っぽいんですよね~

 

 

実は私がHIPHOPの影響を受けている

今回の記事は、はてなイチswagなブロガー、Kayan-DD(id:asukaksk)氏に捧げます


国内のラッパーの紹介や、文化としてのHIPHOP考察がメインのブログですが、

もう、Kayan氏のHIPHOP愛が凄くって、私も影響受けまくってます

こいつのせいで「フリースタイルダンジョン」にはまってしまった!

私は降神信者だと伝えたら、記事書いてくれました。超いい人♡

 

それでいて、ものすごく礼儀正しくて、令翠学もたしなむインテリジェンス。

そのイメージのせいか、私はいつもブログ記事が裂固の顔で再生されますw

↑こんなイメージ。夏目漱石ヤバイとか言ってそうw

 

当ブログにもよく来てくれてて、たくさんコメントもいただいてます。

いつもありがとうございます!

 

お世話になったサイト様!

今回の記事を作成するに当たって、こちらのサイト様の超絶便利なページを使用しました

何この神ツール!?

アーティスト名や曲名で検索して、希望の曲を選ぶとCSSコードが自動生成!!

あとはそれをコピペしてポン。すごすぎます!!

こんな信じられないほど便利なツールですので、ぜひ紹介させてくださいね!

(ちなみに、HTMLに直接貼るので文字数が変な桁になりますwこの記事で約13500文字ですww)

 

 

 

 

あわせて読んでほしい♡こちらは「ラッキーフード」のネタバレです(^‿  ^ )

 

✯ブコメレス✯

かえるさん(id:KAERUSAN)先生>あ、ありがとうございます…!!

え、人=土だから、内省→浄化(相生)になる、ってことですよね?

あと、言われて初めて200人越えてるのに気づきましたwやったー!

前みたいなお礼企画どうしようかな。今回は正直ちょっと迷ってます、やろうかやめようか…w

 

おんすき(id:yt0719yt)さん、おぎパパ(id:ogihara0308)さん>ありがとうございます!

音楽ブログの方に気に入ってもらえるの、テンションあがります!

もうぜひぜひ手を出してみてください、けっこう深い沼ですから~!笑