そんな私が開運生活をした結果、

運にいいこと、ちょっとずつ♬日常で使える開運ネタをシェアします♡

新月のお願い事考察【②】8時間以内が効果的と言われるワケ☽

f:id:prime__number:20170918020326j:plain

「新月の日にお願い事をすると、満ちてゆく月の力を受けて実現しやすくなる」

そんな話を聞いたことがあるかもしれません。

 

当ブログでも、毎月「新月のお願い事」を推奨しておりますが、

(今月の新月 カテゴリーの記事一覧)

その方法やメソッドには非常に多くの言われがあるため、その諸説を考察しながら

自分に合った方法を見つけていこう!というスタンスでご紹介しています。

 

考察シリーズ2回目の今回は、お願い事を行うタイミングついてです!

 

ちなみに初回は「基本の黄金ルール」がテーマでした☽よければこちらもご覧くださいね♡

 

お願い事の時間は決まっている!?

f:id:prime__number:20170918030621j:plain

「新月の願い事」と調べると、必ず決まって

「新月になった時刻から48時間以内、特に最初の8時間が有効な時間帯」

と言われた結果が出てきます。

 

ただ、この根拠については明言されていないので、なぜこの時間設定がなされているか、

少し考えていきたいと思います。

これ以降の内容は、私の単なる推測によるものです。

公式に認められた理由ではありませんので、「考え方のひとつ」としてお楽しみください。

なぜ「48時間以内」なのか

これは恐らく、単純に「48時間を越えると『新月』ではなく『三日月』になるから」

ではないでしょうか。笑

 

「月齢」は「年齢」と同様に計算され、新月の時刻を0.0日とし、そこから数え始めて

48時間後、月齢2.0日を越えると「新月から数えて3日目」となりますので、

つまり「2歳の誕生日以降は人生の3年目」になるのと同様、48時間以降は三日月と数えます。

変なたとえの説明ですが…w、受け止めていただけるとありがたいです!ww

 

月齢は、国立天文台の「こよみの計算」ページで調べることができます

こよみの計算 - 国立天文台暦計算室

↑新月・満月・秋分などの正確な時刻表も、国立天文台のサイトからpdfでDLできます!おすすめ!

 

では「8時間以内」とは?

新月とは、地球から見て「太陽と月が重なる位置になること」ですが、

占星術では「重なる」と見做される範囲を、±5〜10度の幅で取っています。

※何度を限度とするかは流派によりますが、「10度」と「6度」が多数派のようです。

ですので、シビアに見ても5度以内の開きであれば、新月の重なりと見做されます

 

例えば、2017年9月20日の新月を例に取って、図で見てみると

f:id:prime__number:20170918173331j:image 

このように、新月ちょうどの時刻で、太陽も月も乙女座27度に位置し「重なって」います。

そこから、例えば2時間経過すると、月は天秤座方向(この図では左回り)へ移動し

f:id:prime__number:20170918173346j:image

太陽は乙女座27度32分、月は乙女座28度33分となり、1度の開きが発生します。

 

そのように少しずつ差分が発生し、8時間後には(急に縦画像ですみません!)

f:id:prime__number:20170918173408j:image

太陽は乙女座27度、月は天秤座1度で、4度の開きとなります。

(ちなみに、8.5時間後に、その差は5度になります。)

f:id:prime__number:20170918173418j:image

このように、狭く見積もっても8時間以内なら、確実に重なっているといえるので、

どの流派から見ても「新月」となる8時間以内、というのが定着したのではないでしょうか。

 

ちょっと都合のいい考察♡

これはあくまで素人の憶測ですが、

もし「8時間以内=太陽と月の位置差が5度以内」という理由による事だとしたら、

もう少し時間に余裕を持っても良いんじゃないかと思います。笑

 

というのも、前述しましたが「重なっている」と見做す差分は

「±6度」または「±10度」が主流で言われているからです

もし、10度までの幅を取って新月とすると、20時間は余裕がありますw

 

また、48時間を越えると「三日月」になってしまいますが、

「満ちてゆく月」の期間中なので、48時間を過ぎても手遅れという事はないと思います。笑

月のサイクルでいう「三日月」は、「決めた願いに向けて、実行を始めるとき」ですので

もちろん新月の期間にお願い事を行うのがベストですが、

過ぎてしまったからといって、遅すぎることはないはずです!

 

とはいえ、あくまで「憶測」ですし、黄金ルールを逸脱することになってしまいますので

ちょっぴり都合よくしたいときの根拠として、心に留めていただければと思います

 

時間ルールに潰されてしまわないために

新月の時間は不規則なため、場合によっては時間通りにお願い事をすることが

難しくなってしまうときもあります。

そんなときでも焦らず諦めず、自由な気持ちでお願い事を行ってみてください。

豊かな願いを創造するには、ルールに追われすぎないことも大切です。

そのうえで、余裕のあるときは時間を守ってみて、実現率アップを狙うなど、

無理のない範囲で実行してみてくださいね!

 

 

 

あわせて読んでほしい♡新月にまつわるこよみの話です☽