そんな私が開運生活をした結果、

運にいいこと、ちょっとずつ♬日常で使える開運ネタをシェアします♡

2017年は5月が2回!?うるう月のひみつ

月のサイクルで一か月を決める「太陰暦」では、

この6月24日の新月からのひと月が「閏五月」となります。

この「うるう月」は、実は2014年以来、3年ぶりに訪れたのです!

f:id:prime__number:20170622211429j:plain

 

うるう月とは

暦の誤差を埋めるための月

うるう月とは、新月~新月を一か月とする、太陰暦が示す「月」と

実際の季節とのズレを調整するために、

一定の期間ごとに「もう一か月差し込まれる」月を指します。

 

これは、太陽暦の一年が365日なのに対し、太陰暦の一年は354日なので

年間で11日の差分が生じてしまい、これを調整しないと

約20年で暦上の夏と冬が逆転してしまうため、設けられた調整法です。

3年に1度、新月の増える年に多い

うるう月が現れるのは、ほぼ3年に1度です。

正確には19年に7回で、これで太陽暦との誤差はほぼ解消できるようです。

うるう月が設定された年は13か月になりますので、

ほとんどの場合、新月が13回ある年にうるう月が現れます。

「節月」を使って調整

太陰暦が使われていた頃の日本では、同時に「太陰太陽暦(節月)」が使われていました。

これは、春分や夏至などの「二十四節気」を取り入れた暦で、

この二十四節気は、太陽の動きに基づいて決められるため、季節の指標として用いられ、

農業暦などで重要視されていました。

そしてこの「二十四節気」こそが、うるう月を決めるための基準となるのです。

f:id:prime__number:20170917232421j:plain

うるう月の決め方

うるう月をどこに設定するかは、二十四節気の「中気」によって決まります。

二十四節気は太陽の動きに基づいているため、現在の太陽暦のカレンダーと同様に

一年に24の季節指標が、毎年ほぼ同じ日に訪れます。

春分の日や秋分の日は、毎年ほぼ同じ日付になっていますよね♡

 

これに太陰暦の月を当てはめていくと、当然ずれていきますので

新月が13回になる年(太陰暦で13か月になる年)に、

一か月に2つ入るはずの二十四節気が、1つしか入らない月が出てきます。

この月を、うるう月とするのです。

 

二十四節気は、一か月に「節気」と「中気」の二種類が割り当てられ、

この「中気」(太陽暦で、毎月20~24日頃)を含まない月が、うるう月となります。

 

運気への影響は?

一年に同じ月が二度、しかも3年に1度となると、

何か特別な意味があるのでは…と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。ソースは私!笑

 

結論から申しますと、うるう月自体の影響は特にないようです。

四柱推命などの干支の暦を使った占いでは、二十四節気を基準とする節月を用いますので、

うるう月による影響はありません。

ただ、紫微斗数の太陰暦を採用している流派では、

「同じ月が2回来る=同じ運勢が2回来る」と見るようです。

 

占星術では、13回の新月がある年は

「2度の新月が起こるサイン」を重視し、その年はそのサインが強められるとされています。

今年は、しし座で2回新月が起こりますので、

しし座の特性が協調された夏になる、と読み解きます。

 

次回はオリンピック前!

前回のうるう月は2014年9月で、次回は2020年4月になります。

うるう月のある年は、新月が1回ぶん多くなりますので

小さな楽しみも増えるのではないでしょうか♡