そんな私が開運生活をした結果、

運にいいこと、ちょっとずつ♬日常で使える開運ネタをシェアします♡

10月6日おひつじ座満月☽今年の頑張りが返ってくるとき!

f:id:prime__number:20170329134853j:plain

10月6日3時41分、おひつじ座12度で満月を迎えます

満月の日は、感謝と調整の日。

今ある幸せを喜ぶと同時に、増えすぎた荷物を手放すときでもあります。

 

最適な過ごし方と感謝ポイント

おひつじ座は「行動力」「情熱」「積極性」「バイタリティ」などを表す、

とても力強くてアクティブなサインです。

ここで迎える満月は、いわば「達成感」の塊

今まで「行動を起こしてきた」事に関する頑張りが、見える形になるときです。

 

おひつじ座で新月を迎えた3月末頃、植物たちが芽吹き始め、

10月の満月の頃に豊かな実を結ぶように、

今年、目標を持って情熱を捧げてきたことが、答えをくれる時期に入ります。

 

この満月では、この一年を振り返り、達成できたことに目を向けてみてください。

おひつじ座は「行動と自己実現」の象徴なので、あなたが「最も気づきやすい形」

目の前に現れてくれるはずです。

それは、自分が確固たる意志を持って「やるぞ!」と決めたことの結果ですから、

誰にも遠慮することなく、存分に達成感を味わってくださいね!

 

この満月の特徴

「中秋の名月」のおまじない☽

f:id:prime__number:20171001171028j:plain

10月の満月頃は「中秋の名月」と呼ばれる時期です。

今年の「十五夜」は10月4日で、満月より少し前となりますが、お月見の日とされています。

この時期は、日本では「普段よりも特別な満月」と考えられてきたため、

いつもより特に意識して、満月を眺めてみてくださいね。

 

よく言われている「十五夜のおまじない行動」ですが、

  • 「お月見」をする(月を見る時間を取って、ゆっくりと過ごす)
  • すすきとお団子を飾る
  • パワーストーンやお守り、盛り塩用の塩などを月光浴させる
  • 月の光に当てた水を、お風呂に入れたり植物にあげたりする

などがあります。

これは、満月の10月6日でも、十五夜の10月4日でも、どちらに行ってもかまいません☽

曇りやすい時期ですので、月がよく見えるような、晴れたタイミングで結構ですよ~!

 

水星がコンジャンクションで影響する!

この日は、太陽と水星がてんびん座で重なり、満月に直接影響しますので、

「伝える」「共有する」という側面が強調されています。

満月の日は「人と楽しく過ごすと良い」と言われますが、この日は特に仲良い人と、

できれば少人数で会話を楽しむように過ごすと良い日です

 

自分自身にとっての達成感を呼び起こす月と、近しい人間関係を強調する太陽と水星。

この日の会話から、今後の大きなヒントを得る方も多いと思います。

 

今回も冥王星が絡んできます!

さらに、この満月には冥王星が「Tスクエア」で影響を与えるため、

人によっては強い印象の出来事が起こるかもしれません。

今回の冥王星は、極端な変化よりも「軌道修正」の印象が強いので

もしも現在、うまく進まない事があれば、方法を考え直してみてくださいね。

 

手放しポイント

水星と冥王星が直接影響する、このおひつじ座の満月では

「過度な焦り」を手放すのに適しています。

例えば、自分には十分な成果があるのに、人と比べて落ち込んでしまうと、

せっかく頑張って得た結果がかわいそうです。

 

この満月の水星は「冷静にさせる」力も持っていますので

自分を認めてあげるところをそのまま受け止め、焦りを手放すことに向いています。

 

頑張った自分の折り返し点!

今回の満月は、今年の成果を受け取るとき。

今まで頑張ってきたことが形になりやすいときですので、

次の季節に向けて、しっかり受け止めてあげてくださいね♡

 

 

 

あわせて読んでほしい♡今月全般の運勢と開運方法をまとめています(^‿  ^ )

こちらもどうぞ♡今いちばん人気の記事です(⁰▿⁰)✧!

 

上記内容は全て、素人の趣味による診断です。

確実な情報をお求めの方は、プロの占い師さんによる鑑定をお受けすることをお奨め致します。