そんな私が開運生活をした結果、

運にいいこと、ちょっとずつ♬日常で使える開運ネタをシェアします♡

5月11日さそり座満月☽見えなかったところが大きく動く!

f:id:prime__number:20170329134853j:plain

5月11日6時42分、さそり座で満月を迎えます

満月の日は、感謝と調整の日。

今ある幸せを喜ぶと同時に、増えすぎた荷物を手放すときでもあります。

最適な過ごし方と感謝ポイント

さそり座は「探求心」や「見えないところ」を表すサインです。

これまで、人の評価にかかわらず「自分が、もっと深めたいと思うから」情熱をかけてきたことが、

何らかの形を成すタイミングです。

それは、仕事や趣味などの「努力」を伴う行動のみならず、人との信頼関係や、

ご自分の心のウィークポイントと向き合ってきた方も同じです。

あなたがずっと追及してきたものが、あなたへお返事を返してくれるときですので

しっかりと受け取って、あなた自身に感謝をしてくださいね。

冥王星のサポートが入ります

今回の特徴は、なんといっても冥王星が満月を強調する形をとっていること。

冥王星が太陽に120度・月に60度の「協力関係」の吉角を取るのですが、

もともと冥王星は、蠍座のルーラー(担当惑星)なので、今回の満月は

蠍座の特性がより強められています。

 

長い間、心の中で「ブロック」になっていたもの、

無意識下で自分に制限をかけていたもの、

あるいは、どうしようもないと思っていた状況など。

そういったものが、ついに動く・取れる、というようなことがあるかもしれません。

手放しポイント

蠍座は「集中」と同時に「執着」も意味します。

抱えていた何かに決着が付きやすいときですので、

「これ以上こだわっても仕方がない」と思えるようなものがあれば、それは手放しても良いかもしれません。

ちょうど、この満月の前後から、火星が海王星と「緊張」の角度を、木星と「調和」の角度を取ります。

これは本来「感情的になりすぎたり、無謀な行動をしがち」という傾向なのですが

「深みにはまりやすい」蠍座の性質が強く出ている場合には、有効に働く可能性もあります

目的を無くした執着や、被害者意識が手放せないなら

思い切ってみる、というのも良いかもしれません!

深く、大きく、優しい満月です

この満月のキーポイントは「心の奥底」。

表面的な問題よりも、心の中や根本的な問題などが動きやすいタイミングです。

その静かで大きな動きに気づいてあげて、しっかり受け止めてくださいね

 

 

あわせて読んでほしい♡この記事の続きです☆

こちらも読んでほしい♡今月のラッキーアイテムなど書いてます♪

 

上記内容は全て、素人の趣味による診断です。
確実な情報をお求めの方は、プロの占い師さんによる鑑定をお受けすることをお奨め致します。