そんな私が開運生活をした結果、

運にいいこと、ちょっとずつ♬日常で使える開運生活のヒントや、月の満ち欠けに合わせた情報をシェアします♡



 

春の土用は「季節の変化」を意識して、アクティブに過ごそう❀

f:id:prime__number:20180416021945j:plain

4月17日より、春の「土用」期間に入ります。

この期間の効果的な過ごし方や、運に良い生活のコツをお伝えいたします

季節の変わり目を上手に生かして、開運に繋げていきましょう!

 

 

「土用期間」とは

「土用」といえば、夏のウナギの日が有名ですが、

東洋占術や東洋医学で使われる「陰陽五行説」で一年を五行に分類すると、

年に4回の土用が存在し、こよみの上での「季節の変わり目」を示します。

立春・立夏・立秋・立冬の、それぞれ直前約18日が「土用」に該当する日となります。

 

詳しいことはこちらにまとめていますので、よければご一読ください

 

春土用は「立夏」の日まで

この春土用が過ぎると、暦上での「夏」を迎えます。

「立夏」とは、地球の位置が「春分」と「夏至」のちょうど中間になる日のことで、

太陽黄経45度の位置を指します。

今年は5月5日のこどもの日に立夏を迎え、春の土用が終わるとともに

こよみの上では「夏」に入ることとなります。

 

春の土用のおすすめ行動!

f:id:prime__number:20180416130605j:plain

季節の変わり目である「土用」には、それぞれに適した過ごし方があります。

この春土用に意識していたい、生活のポイントを見ていきましょう!

体調管理が最優先事項!

陰陽五行説では、土用は「土の気」の期間となり、季節の変化点を示すと同時に

健康面にも変化が現れやすい時期とされています。

中でも春は「木」の季節で、木は土から養分を吸収することから「土に勝つ五行」となるため

特に心身の健康バランスに注意したいときです。

 

この時期特有の寒暖差不調や花粉症、近年話題の「春バテ」のほか

肌のゆらぎやメンタルバランスの乱れなど、調子が良くないなと感じたら

早めのケアを心掛け、まずは健康であることに気をつけてお過ごしください。

(土用に体調を崩すと、運気に直接影響が出やすいです!)

 

東洋医学では、春は「肝臓」「胆嚢」「目」「筋肉」「爪」に影響すると言われています。

この時期の不調は、例えばかすみ目・疲れ目・爪の色が悪いなどの形で現れやすいため、

これらのパーツを意識的に見て、健康管理のヒントにしてみてくださいね。

 

今年の連休は、外出に最適

毎年、春の土用はゴールデンウィークと重なりますが、

年に「九紫火星」月に「三碧木星」が回座する今年は特に、お出かけするには最適の運です!

可能なら、流行の場所や限定開催の店など「旬の場所」へ行くのがお奨めです。

 

あまり長距離でない限り、方位を厳密に気にしなくても良いと思いますが、

気になる方は「土用殺」「五黄殺」「暗剣殺」「歳破・月破」「本命殺・本命的殺」程度を

チェックしておけば良いと思います

これらの避けておきたい方位は以下の通りです。

  • 土用殺:土用の時期にだけ使ってはいけない方位。春は東南東
  • 五黄殺:五黄土星があるため使ってはいけない方位。
    今年の年盤(500km以上の移動で適用)なら
    今月の月盤(100km~500kmの移動で適用)なら西
  • 暗剣殺:五黄土星の対方位で使ってはいけない方位。
    今年の年盤(500km以上の移動で適用)なら
    今月の月盤(100km~500kmの移動で適用)なら
  • 歳破:その年に使ってはいけない方位。500km以上の移動で適用。今年は南東
  • 月破:その月に使ってはいけない方位。100km~500kmの移動で適用。今月は北西
  • 本命殺:自分の生まれ九星が入っている方位。使ってはいけない。
  • 本命的殺:自分の生まれ九星が入っている方位の対方位使ってはいけない。

「使ってはいけない方位」が一見たくさんあるように見えますが、

案外「良い方位」もたくさん取りやすいので、吉方位を狙っての旅行にも良い時期です!

 

自分の生まれ九星やその方位の調べ方は、検索すればたくさん出てきますが

個人的には九星気学LABさんが一番見やすくてお奨めです

 

衣替え・インテリア替えにはベストタイミング!

土用のうちでも、4月と10月は「陽の土用」と言われ、自然界では「山」に例えられます。

ちょうど山脈を境に気候が変わるように、寒暖の切り替わりの時期を表すため、

季節を「自発的に変化させる」、つまり衣替えには最適の時期になります!

 

衣類だけでなく、インテリアやファブリック類を涼しげなものに替えるなど

「季節感」を意識的に取り入れることで、「時の気」を取り入れやすくなります。

戊戌年の今年は特に「メリハリをつけること」が開運ポイントでもありますので

夏物カーテンやラグマットをお持ちの方は、今年は活用することをお奨めします

 

環境から、季節の変化を感じていく時

いよいよ気候も春らしくなり、変わり目と呼ぶのにふさわしい季節となりました。

方位・行動術では「時流に乗る」ことが開運の基本とされているため、

季節の変化を感じながら、日常の中に取り入れていくことが

何よりの開運方法になります。

この土用の期間を、晩春らしくイキイキと過ごして、輝かしい夏を迎えましょう!

 

 

 

あわせて読んでほしい♡4月の運勢と開運方法・ラッキーTIPSをまとめています(⁰‿ ⁰ )