そんな私が開運生活をした結果、

現実に実践しやすい開運方法や占術理論が大好物で、日常をちょっと楽しくするアイデアとして開運情報をお届けしています♬



 

11月8日は、開運スイーツ「亥の子餅」をいただいてハッピーな冬に♡

f:id:prime__number:20171104192402j:plain

11月8日は「亥の子祝い」の日です。

平安時代より、今年の収穫を終えたことを祝い、冬の始まりを迎える行事として

民間で親しまれていたお祝いです。

この日の意味や過ごし方を、開運目線でご紹介いたします!

 

「亥の子祝い」の日とは

「亥の子祝い」の「亥」とは、文字通り干支の「いのしし」を表します。

干支は年だけでなく、月・日・時刻にも割り当てられていて、

毎年「旧暦の十月」、つまり「立冬」以降の11月が「亥の月」にあたります。

 

そして、一年で最初の「亥の月・亥の日」になる日が「亥の子祝い」の日で、

さらに「亥の刻」である21時~23時に「亥の子餅」を食べる、というのが

「亥の子祝い」の風習となっています。

 

なぜ「いのしし」を祝うのか?

イノシシは子供をたくさん産むので、「子孫繫栄」の意味があり、

転じて「家運繫栄」「家内安全」などの意味も持ちます。

また、秋の収穫を終えた事を祝い、冬を迎え「無病息災」を願う意味もあります。

 

「亥の子餅」と「炉開き」で過ごします!

この日は「お祝い」の日であると同時に、一般家庭では「炉開き」の日ともいわれています。

冬を迎えるための伝統を取り入れて、次の季節も開運していきましょう!

「亥の子餅」の作り方

亥の子餅は「玄猪餅(げんちょもち)」とも呼ばれ、イノシシがモチーフになっています。

ちょうど、11月は新米穀年度が始まりますが、

その年に収穫されたもち米を使ったお餅の中に、

大豆・小豆・大角豆(ささげ)・ごま・栗・柿・糖(あめ)の7種の粉を混ぜて

子イノシシ(=亥の子、うり坊)の毛色に見立ててて作られます。

 

最近は、あんこに黒豆の入ったお餅で作られることが多く、

和菓子屋さんなどで買うことができます

中には、うり坊に見立てるため、しましま模様の焼き印をつけた可愛いものもありますよ

 

亥の子餅が手に入りにくい場合は、通常のお好きなお餅でかまいません。

21時~23時の「亥の刻」に、デザートがてらいただいてみてくださいね

 

 

雪見だいふく 黄金のみたらし厚もち仕立て 94ml[冷凍]

雪見だいふく 黄金のみたらし厚もち仕立て 94ml[冷凍]

 

「炉開き」に適した日

昔、家庭で囲炉裏や暖炉が使われていた頃は、この日に使い始めると良いとされていました。

陰陽五行説では「亥」は「水気の陰」にあたりますので、

「火気の陰」である「火災」に強いものとされ(水は火に勝つため)、

この「亥」が重なる日に使い始めた火は、火災になりにくいとされていました。

 

特に無理をする必要はありませんが、

「そろそろ暖房器具を出そうかな…」と思っているようでしたら、

この日を選んでみるのも良いかもしれません

 

大切なのは、季節を楽しむこと☆

風水や暦による年中行事は、何より「季節を感じること」が重んじられています。

これから寒さが厳しくなりますが、冬の入り口をお祝いする気持ちで迎えてあげて

新しい季節も、幸せに運よく過ごしてくださいね♡

 

 

あわせて読んでほしい♡他にも開運スイーツをご紹介した特集です♡