そんな私が開運生活をした結果、

現実に実践しやすい開運方法や占術理論が大好物で、日常をちょっと楽しくするアイデアとして開運情報をお届けしています♬



 

12月22日は「冬至」新しい陽気を迎える日!

f:id:prime__number:20171215021559j:plain

今年もいよいよ暮れが近づき、年の切り替わりを感じる季節になりました。

12月22日に迎える「冬至」は、この年の変わり目において重要視されてきた節気です。

この日を縁起良く過ごして、さらなる幸運を呼び込みましょう!

 

こんなにたくさん!冬至の意味

そもそも「冬至」とは、天文学上の太陽の位置で決められ、

春分の日を0度とする太陽黄経が270度となる日を言います。

 

この日は一年間で最も太陽の南中高度が低くなり、昼が短くなる日です。

北極圏では極夜に、南極圏では白夜となるそうですよ

f:id:prime__number:20171215144436p:plain

(出典:冬至 - Wikipedia

そんな「冬至」は、様々な歴史上で深い意味を持つ日とされてきました。

 

東洋での冬至

東洋医学や占術で使われる「陰陽五行説」では、一年間を陰陽に分けたとき

冬至の日から夏至の日までを「陽の期間」、夏至から冬至までを「陰の期間」としています。

そして、夏至の日を「極陽」とし、冬至の日は「極陰」となります。

 

6月の夏至の日から増えてきた「陰の気」が、冬至の日に最大となって

ここから陰陽が逆転し、夏至に向かって「陽の気」が徐々に増えていきます。

これを「陰が極まり、再び陽に戻る」という意味で「一陽来復」と呼びます。

 

この「昼が最も短く、陰が最も強い」日は「太陽が新しくなる日」と捉えられ

四柱推命や算命学の流派によっては、冬至を年の切り替わりとしているところもあります。

一年を一日に例えると、冬至は0時0分にあたり

「最も暗く、ゆえに新しく明けてゆく境目」になるときなのです。

 

いわば「新月~満月」のサイクルと同じで、

これから「太陽の力が強まっていく」というところから、

極陰の日を「スタートの日」としているのです。

 

西洋での冬至

西洋占星術では、冬至=太陽が山羊座に入る日と決まっています。

占星術の十二星座は太陽黄経に沿っていて、太陽黄経0度=春分の日が

牡羊座の始まり=十二星座の始まりとなっていて、

そこから一年と、その内の季節を星座になぞらえて数えていきます。

 

そして、太陽黄経が270度になる「冬至」の日は、一年の3/4にあたりますので

ちょうど「冬の季節」の節目となり、また極点と考えられています。

 

日本のしきたりとしての冬至

日本で冬至といえば、なんといっても「ゆず湯」ではないでしょうか。

 

日本も 「一陽来復」の考え方を取っているため、

冬至の日は「来年の陽気が生まれ始めた日」と扱われ、

翌年も、健康に幸運に過ごせるよう祈る行事として親しまれています。

 

冬至といえばの「ゆず湯」「かぼちゃ」も、この願いを込めた意味があり

新しい年に向けて、厄を払い幸運を呼び込むためのしきたりとなっています。

 

開運のための過ごし方☆

そんな重要な節目である冬至に、より開運するためのおすすめの過ごし方をご紹介します

f:id:prime__number:20171217233549j:plain

ゆず湯に入る

「冬至」には必ず言われる「ゆず湯」ですが、これは元々「お清め」の意味があります。

陽気の時期に切り替わり、すぐ後に新年を迎えるこの節目に

今年の厄を払い、身を清めておくという意味で行われるようになりました。

 

柑橘類や梅干しのような「クエン酸系」の香りには、厄払いの効果があるとされていて

特に冬の時期に旬を迎える「柚子」は、年の瀬の厄落としに最適だと言い伝えられています。

生の柚子を使えるのがベストですが、なければ入浴剤でもかまいません

エッセンシャルオイルを使う場合は、皮膚刺激を起こす場合があるので

重曹と混ぜて使用してくださいね。

 

中でも、今年は「一白水星」が回座する年なので

粗塩やバスソルトを一緒に入れるとラッキーです!

「塩」には強力なお清め効果がありますが、今年は特にお塩と相性が良い年なので

ぜひとも取り入れてみてください!

 

余談ですが、カピバラさんもゆず湯に入るそうです

(参考:Qetic-2017/12/15)

 

かぼちゃを食べる

同様に、冬至の行事食といえば「かぼちゃ」が代表的です。

一陽来復の冬至の日に、「ん」の付く食べ物を摂ると「運」が呼び込めると言われていて、

かぼちゃの他にも、にんじん、れんこん、ぎんなん等も良いとされています。

 

かぼちゃは別名「なんきん」と呼ばれるため、「ん」の付く食べ物に含まれますが、

「南瓜」は「南」=つまり「陽」へ向かう、という意味があるため

特に良い食材と言われています。

 

来年に使うものをおろす

また、新しい年の陽気が始まる日なので、来年の準備を始めるのにも最適な日です。

まだ手帳を使っていない、お正月準備をそろそろ始めたいという方は、

この日を事始めにすると良い日です!

 

「一陽来復」で「これから陽気が成長する」という意味のある日なので、

新月と同様、来年の目標を決めるのにも良い日です。

今年は新月が12月18日に起こり、冬至は旧暦で11月5日の「上弦期」にありますので

「成長・発展」の力も働きやすくなります

 

陰陽の節目は、幸運を願うとき!

冬の季節の「極」である冬至は、太陽の動きからも神聖視されてきました。

新しい年を幸運に迎えるため、厄払いをすると同時に

体に良いものを吸収して、幸運を願う日でもあります。

良い年を迎えるために、ぜひ活用してみてくださいね!

 

 

 

あわせて読んでほしい♡12月18日の新月についてまとめています☽