そんな私が開運生活をした結果、

運にいいこと、ちょっとずつ♬日常で使える開運ネタをシェアします♡

春の土用にウナギは無意味!?その理由は…!

最近では、夏の風物詩であった「土用の丑の日」が、

春の土用でも言われ始めましたね。

この「春土用のウナギ」は、果たして本当に効果があるのでしょうか?

 

f:id:prime__number:20170418150609j:plain

「ご注文はうなぎですか?」(ベタなダジャレです♡)

 

なぜウナギを食べるのか

「土用のウナギ」の慣習は、夏場に売れづらいウナギの販促活動に始まった

バレンタインデーのような商戦だという話は有名ですね

江戸時代に平賀源内が発案して流行ったのだとか。

実はこの話は、ウナギに限らず【う】のつく食べ物を食べると夏負けしない」と言われ、

中でも特にウナギは良い!という形で宣伝したとされています。

 

他にどんな「う」のつく食べ物が挙げられていたのかというと、

  • うどん
  • 梅干し
  • うど
  • うずら卵

などがあります。

 

昔からよく「ウナギと梅干しは食べ合わせが悪い」と言われますが、

たぶんこの時期に欲張って失敗した先人がいたのではないでしょうか。笑

 

ではなぜ「う」なのか?

まず、土用は年に4回あり、その月は必ず決まっています。

  • 春の土用:4月下旬頃
  • 夏の土用:7月下旬頃
  • 秋の土用:10月下旬頃
  • 冬の土用:1月下旬頃

そして、「干支の十二支」は「一年の十二か月」にも割り当てられているのですが、

これを当てはめて見てみると、

  • 春の土用:4月下旬頃 = 辰の月
  • 夏の土用:7月下旬頃 = 未の月
  • 秋の土用:10月下旬頃 = 戌の月
  • 冬の土用:1月下旬頃 = 丑の月

となります。

 

この十二か月の干支は、時計の文字盤と同じように並んでいるのですが、

夏の土用を含む「未の月」は、一年の中で最も暑さが厳しくなる時期なので、

その対極にある、一年の中で最も寒い時期=丑の月の気を

取り入れて、バランスを取ろうという考えから

夏の土用は丑の日に、「うし」の「う」が付くものを食べる!

という慣習ができあがりました。

中でもウナギは、冬の季節を表す「黒色」をしているため、特に効果が高いとされたようです。

 

代替案も言われているけれど…!?

と、いうことは、

4月の春の土用に、1月の季節にちなんだ物を食べても、

あまり意味はないんじゃないかな…ということになってしまいます。笑

 

そこで、同じ理屈にならって、

春の土用は、辰の4月の対極の月 = 10月の戌の月にちなんで、

「戌の日」に「い」の付く食べ物を取り入れると良い、と言われています!

 

「戌の月」は秋の土用を指しますが、秋は「白色」で表されるので

白い食べ物が特に良いとされています。

 

「い」の付く白い食べ物といえばイカが挙げられますが、

他にはいくら・いりこ・稲荷寿司なども薦められています。

いちごは旬ですし、白いちごなんかもありますから良さそうですね♡

 

ただ、そもそも論ですが「春」は

対極の季節の気を取り入れる必要があるのか?という疑問も残ります。笑

もともと春・秋はバランスのとれた「移り変わり」の季節ですので

次の季節を迎えることも、意識しておきたいですね。

 

ウナギは絶滅危惧種

さらに近年は、ニホンウナギが絶滅危惧1B種に指定されたこともあって、

土用の食べ控えが呼びかけられていますね。

これまで「イベントメニュー」として当たり前に食べられてきたウナギですが、

そのルーツを知り、意味を知ることで

大切に食べることができますし、食べるという選択を考える指針にもなるはずです。

 

この記事が、その選択の参考に、そして開運のお役に立てば幸いです♡

 

  

おまけ

戌といえば、私の実家にははっきり言って世界一かわいい犬がいます。

どーん!

f:id:prime__number:20170429235850j:image

ミックス犬の姉妹犬です♡こう見えて同じ種類なんですよ~!

 

 

 

あわせて読んでほしい♡土用の概要について書いてます✧