そんな私が開運生活をした結果、

運にいいこと、ちょっとずつ♬日常で使える開運ネタをシェアします♡

一粒万倍日と不成就日☆上手な使い方!

f:id:prime__number:20170626154317j:plain

日本のカレンダーには、その日のお日柄を表す「暦注」が書かれています。

これには六曜、十二直、中段、下段など、様々な種類がありますが

今回はこの「中段」のうち最も有名な、一粒万倍日と不成就日について解説致します★

 

 

一粒万倍日とは

f:id:prime__number:20170626154457j:plain

一粒万倍日とは、一粒の籾(もみ)が万倍に実る稲穂になるように、

物事を何倍にも大きくする日とされています。

したがって、開店開業、結婚、口座開設など、新規事の開始に非常に良く、

逆に、借金や争いの種になることには適さない日となります。

 

物事を継続させる意味もあるので、ダイエットなどの開始日にも推奨され、

お財布の使い始め日にすると、金運が良くなるといわれています。

(宝くじ売り場によく「本日、一粒万倍日!」という旗が立てられていますが

本来の意味からすると「宝くじを買う機会」が増えそうな気がします。笑)

日にちの決め方

一粒万倍日は、月ごとに決められた「日の干支」によって決まります。

1月 丑・午の日
2月 酉・寅の日
3月 子・卯の日
4月 卯・辰の日
5月 巳・午の日
6月 酉・午の日
7月 子・未の日
8月 卯・申の日
9月 酉・午の日
10月 酉・戌の日
11月 亥・子の日
12月 卯・子の日

 

となりますので、12日に2回、多ければ月に5回巡ってきます。

ここでの「月」は「節月」で、立春や小暑などの「二十四節気の節気」で区切った

一か月において適用されます。

 

不成就日とは

f:id:prime__number:20170626154525j:plain

不成就日とは、その名の通り「物事が成就しない日」のことで、

新規事全般、お祝い事、お願い事などは避けるべき日とされています。

日にちの決め方

不成就日は、太陰暦の月の中で、決められた日付によって決まります。

1月、7月 3日・11日・19日・27日
2月、8月 2日・10日・18日・26日
3月、9月 1日・9日・17日・25 日
4月、10月 4日・12日・20日・28日
5月、11月 5日・13日・21日・29日
6月、12月 6日・14日・22日・30日

 

と、8日おきに現れ、新月の日に翌月に切り替わります。

 

一粒万倍日と不成就日が重なったとき

両日とも決め方が異なるため、一粒万倍日と不成就日は重なることがあります。

このとき、吉日と凶日のどちらになるかということですが、

この場合相殺と考えて間違いないと思います。

 

まず、一粒万倍日が他の暦注と重なった場合、

吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なったら半減する」

とされているので、一粒万倍日はそう簡単には消えません。笑

ただ、不成就日は全く逆の意味合いになるので、

優劣が無い以上、意味としては「相殺」と考えます。

 

中段同士なので「どちらが強い」というのはありません

一粒万倍日は「重なると減る」というだけで、凶日に勝つとは言われていませんし

不成就日に関しては、他の暦注と重なった場合について何も言及されていません。

 

稀に、「一粒万倍日と不成就日が重なると『うまくいかないこと』が『何倍にも膨れ上がる』ので、とても悪い日になる

と解説されていることがありますが、

それはまずありえない、明らかな間違いです。笑

一粒万倍日や不成就日の主語はあくまで「その日に行ったこと」ですので

「『不成就』が『一粒万倍』する」という、日を主語にする考え方はいたしません。

 

この日に行った・始めたことが、

「何倍にも増える」日 +「全く増えない」日

と考えますので、相殺とするのが最も理屈に合うと私は思います!

 

縁起ですから、かつぐ程度に楽しんでください

何かを始めようと思った日が、吉日だったら嬉しいもの。

暦注は「迷信」色が強いものですので、振り回されない程度に

「せっかくだから」という気持ちで取り入れてみてくださいね♡

 

 

あわせて読んでほしい♡暦に関する豆知識です♬