そんな私が開運生活をした結果、

運にいいこと、ちょっとずつ♬日常で使える開運ネタをシェアします♡

月が欠ける間に、正義の心を見直そう。【雑談】

f:id:prime__number:20170712132322j:plain

先日の満月についての記事 に、たくさんのご訪問ありがとうございました!

なかなかハードな星並びの日でしたが、いかがお過ごしでしたか?

本日はそのことについて、少し補足説明をさせてくださいね。

 

惑星の向かい合わせが意味するもの

そもそも満月とは、地球を中点として太陽と月が180°に並ぶことなのですが、

今回はそこに、冥王星と火星が重なって180°に並び、

「太陽+火星@かに座 vs 月+冥王星@やぎ座」という形を形成していました。

 

図にするとこういうこと☆↓

f:id:prime__number:20170709203618j:plain

このホロスコープ図はこちらのサイトで作成しました☽

(すごく便利でわかりやすい無料作成サイト様です!)

丸い記号が太陽、♂の記号が火星、三日月形が月、♇←こいつが冥王星です。

月は移動が速いのでもう別の位置にいますが、それ以外の惑星は、ちょっとしばらくは

この形のままでいます。

 

今月はこの「かに座とやぎ座の向かい合わせ」が大きなテーマとなっていて、

7月の運活月報にも書かせていただいたことなのですが、

「仲間のため・身内のため・感情優先で動く」かに座と

「社会のため・合理性と効率化のため・理論優先で動く」やぎ座が対立します。

ただ、どちらも「自分より人のために行動する」というのが共通点ですので、

昨日の満月をピークに、しばらくは

「何のために動くのか」「自分にとって『正しい』とは何か」

が、問われる期間になりそうです。

 

あなたにとっての「正義」とは何ですか?

f:id:prime__number:20170710021310j:image

 

最近、仲良くしてくださっているブロガーさん(超いい人!)が

記事に批判コメントを書かれて、非常に落ち込んでいらっしゃったのですが、

凹んだあまり「わざわざ悪口で爪痕残していくとか逆に笑えるw」みたいな

挑発返しを書いてて、全然関係ない私が「アカーン!」と焦ったことがありました。笑

 

個人的な所感なのですが、

一昔前に比べ、単なる「悪口」や「誹謗中傷」より、

ひとつの「主張」として、つまりご本人の「正義」に従った批判のほうが

圧倒的に増えた気がします。

 

それはたとえ、こちらから見ておかしな理屈だったとしても、

本人にとっては「正論」として言っているわけですから、

「否定的な事言う人は性格が悪い」と言い切るのも、ちょっと違うと思うのです。

そしてその内、大多数が思う「正義」に反する事をしていた場合、それは

「炎上」となりますよね。笑

 

旬が過ぎた話で申し訳ないのですが、ちょっと前に話題になったACジャパンの桃太郎CMも、

そういう「正義感」の描写を入れてくれたほうが、もっと良かった気がします…。

 2017年度全国キャンペーン:苦情殺到!桃太郎|ACジャパン

 

「炎上は悪意によって生まれる」みたいな描き方したら、

それはそれで自治厨が湧いて、大変になる気がします(^_^;)

 

だから、たとえ批判でも「とりあえず人の発言は耳に入れる」ほうが良いと思うのですが、

そこで必要になってくるのが「自分にとっての正義」の基準だと思うのです。

 

「人の正義を聞くために自分の正義を持て」というと、矛盾した事のようですが

何事も基準が無ければ、要不要の判断ができません。

もちろんそれは、自分の意見に固執するという意味ではなくて、

むしろ自分の意見をブラッシュアップするために、反対意見も役立つという事です

 

こうして文字にしてみると、当たり前すぎる話なのですがw、

人は意外と、弱っているときにここを見失いがちです。

前述の「超いい人でもカッとなった話」のように、

思ってもない非難にあうと「自分が酷い目にあっている!」と思ってしまうのです。

これって脳の防衛機能らしいから、誰でもそうだし仕方ないことなんですけど。

 

で、その弱り目を狙ってくるのが、

詐欺スピ・インチキ自己啓発・トンデモ健康法たちだったりしますw

気をつけたいものですねw

そういった輩は決まって、反対意見を聞かないように勧めます。

だいたい常套句は「アンチは嫉妬の表れ」「批判は相手が自己投影をしている」「信じた道を進めばいい」あたりがデフォルト。笑

信者が自分の頭で考えた意見を持つと、インチキに気づかれちゃいますからね。笑

 

ここで「自分の正義の基準」を持っていれば、大体の事は「はぁ?」で済みますw

どう考えても悪意の煽りだったり、自分の道徳に反する考えであったり、

そういうのを「はぁ?」で済ませられるぶん、

本当に自分に必要な批判を選別し、吸収できるのではないかと思っています。

 

本題

すみません、実はここまで全部前フリでして、ここからが本題なんですが、

 

昨日「仮面ライダーアマゾンズ」シーズン1を一気見したんですよ!!

 

夫がすごい特撮ヲタでして、BDを買ってたから観てたんですが、

すっごく面白かったです!!泣きました(;Д;)!!!

終始一貫して「正義とは何か」を問われる作品でした。

 

仮面ライダーといえば「怪人をやっつけて、人を助ける話」と思う方も多いと思いますが、

じゃあ、その助けるべき人間が、すごい悪人だとしても?

逆に、なりたくて怪物になったわけじゃない、葛藤に苦しむ敵だとしても?

話の中で何度も「何のために戦うのか」「何を守りたいのか」と聞かれます。

 

画像貼れなくて申し訳ないのですが、主役のライダーは2人いて、

夫は赤いほうに共感していましたが、私は緑のほうに感情移入しました(;ω;)

どちらも、言ってることは正義に違いないんですよ。

でもそのベクトルが違うのが苦しい。苦しいけど目を逸らしたくない。

 

個人的には変身シーンの対比が大好きです。

かたや冷静に、自分の宿命を背負うかのように「…アマゾン」って変身するのに対し、

一方は、やり場のない感情を吐き出すかのように「ア゙ア゙ァァァ!!!アマゾンェ!!!!!」って、

もうなんか、その心理の差が変身シーンに凝縮されてる感じがするんです(>_<)

 

一応主役はその2人だけど、メインキャラは普通の人間の戦闘部隊というのもいいんです♡

戦闘部隊は基本、全員愛着わくと思います。全員かっこいい。

あとマモルくんね…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)ブワッ

 

もともと完全に大人向けの話なのですが、シーズン2はやばいらしいです。

「絶対テレビ放送しない体」で作ってあるので、表現もけっこうダイレクトだし、

話もだいぶ重いらしいです。でも観たい!盤はよ!

 

とにかくアマゾンズ、すごくお奨めなので、ぜひ観てみてください♡!!!

 

 

…ちなみに作中、雨を利用した化学兵器を使うシーンがあるんですが、

もう今「外に出たくない理由」として絶賛活用中です。笑

雨降ったらしぬから買い物行ってきてー。

雨降ったらしぬから仕事行きたくないー。